<   2008年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧
Spinna B-ILL
a0101513_1946414.jpg

a0101513_19461519.jpg
> more photo
* 2008/05/25 ROMANTIQUE NOISE @ 代官山UNITの写真です
* 画像の無断転載はご遠慮ください


Spinna B-ILLの魅力は、飾らない真実のリリックと心揺さぶるヴォーカル。
彼をよく知る人は親しみを込めて“ビル”と呼ぶ。
ビルは、彼の印象深い厚い唇から付けられたビルで
スピナは回転するという意味のスピンのスラング。
Spinna B-ill&the cavemansとしてデビューしたのが2002年。
「まっすぐに」や「ライオンの子」という代表曲をはじめ
その圧倒的な歌唱力とパフォーマンスが話題を呼び、
その息吹はレゲエ&ソウルファンに止まらず、ライブは回数を重ねるごとに
動員を増していった。

CLUB CITTA’で行われた解散ライブは即日完売ともなり
発表された3枚のアルバムと共に、彼らが力強く駆け抜けた
足跡として今も尚語り継がれている。

2005年ソロとなったSpinna B-ILLは、シンプリー・レッドのギタリスト
Kenji Jammer氏とアルバム「STAY LONGER」をリリース。
収録楽曲の「何度も…」は、2005年を代表する
珠玉のバラード作品として話題となった。

2006年には、ソロアルバム「ST-ILL GROWING」をリリース。
この作品では、ソウルあり、ボサノバあり、ファンクありと
ジャンルにはとらわれないSpinna B-ILLの新しい世界が明らかとなった。
代官山UNITで行われたRelease Partyは、SOLD OUTとなり
ソロシンガーSpinna B-ILLとしても力強いスタートを切ったのである。

2007年10月、様々な活動から得た自由な表現方法をもとに、
待望のフルアルバムをリリース。
「Re:program」キーワードは「手づくり感」。
人の手がいっぱいかかっている70年代ソウルのように
人のエネルギーが感じられる世界。ヒップホップ、R&B、ソウル、ファンク
というブラックミュージックからレゲエまでのフィルターを通してきた
Spinna B-ILLが「Re:program」として、ソウル回帰のR&Bを提示。

アルバムリリース後、Spinna B-ILLとして初となる全国13ヶ所でワンマンツアーを実施。
東京公演を初め、各地でSOLD OUTとなる。

そして、この春“Monkey Disco”と題して、
大人のDiscoをイメージしたワンマンライブが行われる。
Shall we dance !?

SCHEDULE
7/11(fri) 心斎橋CLUB QUATTRO
HANG TEN presents “A SOUND ARGUMENT”
7/12 (sat) 名古屋CLUB QUATTRO
HANG TEN presents “A SOUND ARGUMENT”
8/8(fri) 郡山#9
BEAT JUNCTION

Special thanks to
> Spinna B-ILL
> SLD ENTERTAINMENT INC.
> UNIT
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-29 00:02 | Spinna B-ILL
BOSCA
a0101513_2044168.jpg

a0101513_2045693.jpg
> more photo
* 2008/05/25 高波由多加&君嶋麻里江(BOSCA)/ROMANTIQUE NOISE @ 代官山UNITの写真です
* 画像の無断転載はご遠慮ください


next BOSCA

2008年7月13日 [日]
BOSCAFE @korko

BOSCAFE企画第1弾。
下北沢のアットホームなカフェ、koroko(コルコ)での開催です。

LIVE
市川 愛
DJ
BOSCA DJs

Special thanks to
> BOSCA
> SLD ENTERTAINMENT INC.
> UNIT
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-29 00:02 | BOSCA
KINGDOM☆AFROCKS
a0101513_19281743.jpg

a0101513_19282921.jpg
> more photo
* 2008/05/25 ROMANTIQUE NOISE @ 代官山UNITの写真です
* 画像の無断転載はご遠慮ください


2006年9月、結成と共にセッションを重ねすぐにレコーディング開始。
わずか2ヶ月後に行った初ライブにて会場限定でデモCDを発売したところ、即完売。
アフロビートを軸に、ジャズ、ブラジル、ラテン、ロック…様々なバックグラウンドを持った
彼らの熱いエネルギーが感じれるライブは、主にダンスミュージック好きの間であっという
間に口コミで広がり、早くも様々なレーベル、イベント関係者の間で話題となっている。

メンバーはセネガル帰りでアブライ・ンジャイというセネガル名も持つ田中慶一(Dr)、
5年間のキューバ修行から帰国したIZPON(Per)、ブラジル生まれの南條レオ(Ba)、
孤高の旅人NAOITO(Per&Vo)の極太リズム隊に加え、紅一点の爆裂キーボーディスト滝沢スミレ(Key)、
ニューオリンズ帰りで作曲も手がける野本大輔(Gt)からなるコード楽器コンビ。
さらに沖縄出身の上運天淳市(←本名!A.Sax)、元DCPRGの後関好宏(B.Sax)、若手No1
トランペッターの呼び声高い類家心平(Tp)のホーントリオからなる超個性派揃いの9人。

2007年5月より「afrontier」、「CAMPS vol.5」などの人気イベントに出演し、
各地で大好評を得る中、7月には結成約半年にして「FUJI ROCK FESTIVAL 07'」に出演。
さらに9月には「TOKYO JAZZ CIRCUIT07'」、2008年2月には「U.F.O presents JAZZIN'」に出演し、
無名のバンドながら堂々のステージングで観客を魅了する。
そして、6月6日には1stアルバム「LIVE IN AFRO CITY」をリリース!
今年もっとも目が離せないバンドのひとつである!

SCHEDULE
2008/6/29(sun)
旅団 presents「Terra Incognita」 release party!!! @代官山UNIT
2008/7/5(sat)
1st LiveAlbum [LIVE IN AFRO CITY] レコ発パーティ!
ハダカ☆アフロ@青山月見ル君想フ

Special thanks to
> KINGDOM☆AFROCKS
> SLD ENTERTAINMENT INC.
> UNIT
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-29 00:01 | KINGDOM☆AFROCKS
韻シスト
a0101513_1963362.jpg

a0101513_1964795.jpg
> more photo
* 2008/05/25 ROMANTIQUE NOISE @ 代官山UNITの写真です
* 画像の無断転載はご遠慮ください


1998年結成、3MC、Gu、Ba、Dsの生演奏によるHIP HOPを創造する6人組。生でしか味わえないグルーヴと斬新な発想から生まれるライブパフォーマンス「Double Clutch(Beat Boxと生演奏でジャグリングしていく韻シスト独自のルーティーン)」は必見!
2004年SUMMER SONIC メインステージの出演や各地のフェスティバルに出演する傍ら、nbsa+×÷ OSAKAや常時300人以上を動員し大阪ではなかなか見ることのできない一流のアーティストを招いて行われたブロックパーティーNeighbor Foodを主催するなどオーバー、アンダーを問わず、ひたすらクリエイティブかつ独自の世界へと韻バイトする集団。
2006年自身のレーベルMiddle tempo productionを設立し、同年2ndフルアルバム『FONKY&LOVE』を発表。約1年間の制作期間を経て2007年10月24日に3rd フルアルバム『GOURMELOGIC』発表。

BASI (MC)
サッコン (MC)
FUNKYMIC (MC)
SHYOU (BASS)
クーマ (Drums)
TAKU (Guitar)

SCHEDULE
7月12日@神戸 六甲山カンツリーハウス内 特設会場
7月19日@大阪梅田 Rain Dogs

Special thanks to
> 韻シスト
> SLD ENTERTAINMENT INC.
> UNIT
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-29 00:00 | 韻シスト
the fascinations
a0101513_20385522.jpg

a0101513_20384444.jpg

a0101513_2039968.jpg

a0101513_20391967.jpg
> more photo
* 2008/06/14 MUSIQUE PATISSIER @ EATS and MEETS Cayの写真です
* 画像の無断転載はご遠慮ください


> the fascinations livephotograph archives

LIVE SCHEDULE
2008.07.25 fri.
Jazz Room at fai AOYAMA
2008.08.30 sat.
DOXY (名古屋)

* the fascinationsがドイツのWAVE MUSICのコンピレーション・アルバム「Smile Style 2」に参加しました
Gotan Project、Mo Horizons、Nina Simone、Peggy Leeなどが収録された極上ラウンジ・アルバムです


a0101513_21335139.jpgSpecial thanks to
> the fascinations
> highcontrast recordings
> IMPRESS PRODUCTIONS
> EATS and MEETS Cay
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-27 00:00 | the fascinations
矢舟テツロー
a0101513_1982341.jpg
* 2008/06/14 MUSIQUE PATISSIER @ EATS and MEETS Cayの写真です
* 画像の無断転載はご遠慮ください


> TETSURO YAFUNE livephotograph archives

LIVE SCHEDULE
2008.7.9 (水) 青山(外苑前) Z.imagine

a0101513_16175382.jpg* 「mf247」で音源を配信しています

Special thanks to
> TETSURO YAFUNE
> IMPRESS PRODUCTIONS
> EATS and MEETS Cay
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-26 00:00 | 矢舟テツロー
元晴Presents Session Live
a0101513_23224551.jpg
a0101513_2322546.jpg
a0101513_2323412.jpg
> more photo
* 2008/06/14 MUSIQUE PATISSIER @ EATS and MEETS Cayの写真です
* 画像の無断転載はご遠慮ください


元晴(sax)
秋田ゴールドマン(b)
みどりん(ds)

> 2007/02/10 Motoharu × Toshizo@JZ Brat

a0101513_21302465.jpg> SOIL&"PIMP"SESSIONS
> IMPRESS PRODUCTIONS
> EATS and MEETS Cay

Special thanks to So-ill !
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-22 00:01 | So-ill
MUSIQUE PATISSIER
a0101513_22142784.jpg
a0101513_22143850.jpg
> more photo
* 画像の無断転載はご遠慮ください

Impress Productions presents MUSIQUE PATISSIER
2008.6.14 SAT @ EATS and MEETS Cay

Lives:
元晴Presents Session Live (Soil & “Pimp”Sessions)
椎名 純平 BAND
BOO (K.O.D.P)
The fascinations
矢舟 テツロー

DJs:
小林 径 (Routin Jazz)
花とソレイユ
原田 潤一
HaruAKi

VJ:
矢吹 和彦 (Kikyu)

Live Painting:
Mika
Gravity Free

> IMPRESS PRODUCTIONS
> EATS and MEETS Cay

Special thanks to HaruAki-san and MUSIQUE PATISSIER staff !
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-22 00:00 | HaruAki
島裕介
a0101513_15452372.jpg

a0101513_15454097.jpg
* 画像の無断転載はご遠慮ください

島裕介

トランペット、フリューゲルホーン、ホーンアレンジ.
1975年2月12日生まれ.
大阪生まれ,東京育ち.13才からトランペットを吹き始める.
大学卒業後、一旦は某メーカーでプロオーディオ製品のソフト設計をするも、
仕事中にフレーズが頭から離れず、3年で退社.
2003年からプロ活動を開始.
その後、運よくいろんな人に拾われ、
Shima&ShikouDUOの他、EGO-WRAPPIN',Saigenji, 畠山美由紀, Bluey(Incognito),
風味堂, 沖仁(flamenco guiter), LAVA, 須永辰緒, おおはた雄一,
Asa-Chang&ブルーハッツ, ナイス橋本, オレンジペコー, 小野リサ, SOFFet, 一青窈, などとライブ・レコーディングを行う.
数々のアーチストのサポートとして、野外フェス・ツアーに参加する.
> 島裕介
> Shima&ShikouDUO

> Shima&ShikouDUO livephotograph archieves

Special thanks to Shima-san !
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-21 00:07 | Shima&ShikouDUO
ヤマカミヒトミ
a0101513_15313925.jpg

a0101513_15321953.jpg

a0101513_1532061.jpg
* 画像の無断転載はご遠慮ください

ヤマカミヒトミ
alto/soprano sax、flute、pianica

3月8日生まれ。 東京都出身。
中学校のブラスバンドでサックスを始める。大学在学中よりジャンプブルースバンド「世田谷ジャンボリー」でライブ活動をはじめる。
その後、キューバ・トリニダット・アフリカ音楽等をミックスしたサウンドに
日本語をのせたオリジナル曲を演奏する「カセットコンロス」のメンバーとしてライブを全国で展開、さまざまな夏フェスにも出演。
『KING goes CALYPSO』(キングレコード)まで、4枚のオリジナルアルバムをリリースする。

2005年より、日本を代表するボサノバシンガー「小野リサ」のバンドに参加。
全国ツアー・アジアツアー・世界各地のジャズフェスティバルに出演。
Ann Sally・saigenji・ハナレグミ・おおはた雄一などレコーディング参加も多数。
さまざまなアーティストのライブサポートもおこなうなか、
ジャンルを問わず“うた”を大事にした音楽を奏でつづけている。

女性4人ユニット「Lynn」にて、2008年7月、
デビューアルバム「GIRL TALK」リリース予定。
> ヤマカミヒトミ日記

> livephotograph (2008/05/08 品川トライベッカ)

Special thanks to Hitme-san !
[PR]
by momokoogaki | 2008-06-21 00:06 | ヤマカミヒトミ